空き巣対策、ガラス張り防止の為の防犯フィルム施工、ピッキング対策等、
日々の生活を安心して過せる環境をご提案致します!


阪神淡大震災では床に割れ落ちた窓ガラスの破片に よる逃げ遅れが多数出たそうです。万一の時、避難路を 確保し、その他のガラス事故を最小限に防ぎます。
割れた窓ガラスでケガをした15歳未満の子供で、特に1歳 児が最も多いという結果が出ています。災害の防止 は日々の備えが重要です。
窓割りによる侵入を2分遅らせると50%、5分遅らせると 73%の侵入者が侵入を諦めるというデータが有ります。 防犯は子防に対する識が肝心です。
太陽からの紫外線は窓を通してカーテン、家具、壁紙、 畳などの劣大きな原因となり、寿命を短くします。
近年、ピッキング被害が都心部で急増しています。
ピッキングは空き巣の侵入手段としてテレビなどを通じて認知されるようになりました。
その対策としてピッキング対策用シリンダーなどのグッズも多数発売されています。
しかし、ただ設置するだけでは被害を防ぐことはできないのです。
世界有数の『治安国家日本』…それはもう過去の話です。
あなたの会社や家族が明日狙われるかもしれない...
それほど身近で起きている犯罪。
これからの時代『安全』は自分で作るもの。
監視カメラで空き巣、盗難に狙われない防犯環境づくり!
アルコムで、最適なセキュリティシステムを!


夜間作業に便利な「強制点灯モード」、
周辺を明るくすることで防犯効果の
ある「常夜灯モード(タイマー付)が
あります。
〈センサーライト力メラ〉はライト部とセン
サーカメラ部が、〈センサーカメラ〉はセ
ンサ一部とカメラ部がそれぞれ独立して動
きます。設置の自由度が高くなりました。

・ 補助錠を設置してください。
空き巣の侵入手口で一番多いのが窓のガラス破りです。
泥棒は、クレセント錠付近のガラスを割って、クレセント錠を解錠し侵入します。
図にあるように、窓の上下に補助錠を設置すると効果があります。
補助錠は比較的安価であり、簡単に取り付けることができます。
・ 破壊に強いガラスにすると効果があります。
窓ガラスを防犯ガラスに交換すると、ガラスを破壊するのに時間がかかり、
ガラス破りによる侵入が難しくなります。
防犯ガラスイラスト
※  「防犯ガラス」とは、2枚以上のガラス に樹脂中間膜を挟んだものです。
泥棒に入られないためには、泥棒に狙われにくい家にするのが一番。
格子や柵を設置すると、一目で防犯対策を行っていることが分かります。

このような家は、侵入に時間がかかるため、泥棒から狙われにくくなるといわれています。
格子・柵設置は、サイズや種類によって料金が変わってまいります。
料金や施工時間については、まずお問い合わせください。


トイレや風呂場などの 小さい窓でも、泥棒は簡単に侵入します。 用心には用心を 重ね、格子の設置をお勧めします。


建物と建物の隙間から泥棒が侵入するケースも少なくありません。 返しのついた柵で泥棒を撃退しましょう。
特徴ある音と光で火災をいち早くダブル警報し、安全・確実に異常を報知します。
住宅用火災警報器の設置義務化に対応し、信頼の国内規格を取得しております。
音声機能タイプ&無線連動タイプも新登場!
■住宅用火災警報器の設置が義務化
平成16年6月2日に「消防改正法」が公布されたことにより、平成18年6月1日から、政令で定める基準に従い、各市町村条例にて住宅用火災警報器の設置が義務化されました。
(基準の内容)
・新築住宅について、平成18年6月1日から住宅用火災警報器の設置を義務化。
・既存住宅については、市町村条例により適用時期が異なります。